首などにできてしまうと嫌ないぼは手術で取ってしまおう

除去する方法

頬を触る人

いぼを取る手術とは

いぼができた部位によりますが、効果的な方法といえば切除手術になります。大きないぼやレーザー治療でいぼを除去できない時は、切除手術を行なうことになります。また、他の方法で治療を受けていてもなかなか完治しないいぼに対しても手術が行われることが多いです。
手術方法は、とても単純でメスや専用の器具を利用していぼの部分をまるごと切り抜く方法になります。レーザー治療が主流になっている今でも、確実にいぼを除去したい方には人気の方法となっています。いぼの部分を切り抜く手術になるので、痛みを強く感じてしまうのではないかと心配する方もいらっしゃるでしょう。しかし、麻酔クリームや局所麻酔を行なうので痛みを感じることはありません。麻酔が切れてからも、痛み止めなどを処方してもらうことができるので、辛い痛みを耐えることもないので安心して手術を受けられるようになります。
それに、レーザーを用いた除去方法よりも医師の腕が必要だというわけではないので安全性の高い手術だといえます。しかし、出血を伴う手術になることは避けられないので、不安があるのならカウンセリングで医師に伝えておきましょう。そうすることで、医師も色々とアドバイスをくれますし、手術について詳しく説明してくれるので安心していぼの切除手術を受けられるようになります。

切除手術を受けるメリット

いぼを切除する手術の大きなメリットは、一度の手術で済むことです。特にウイルス性のいぼに効果的で、感染する可能性があるものを一度で除去してしまったら、他のところへ感染することを避けられるようになります。それに、患部の状態によっては保険適用されることがあるので、リーズナブルな価格でいぼを取ることができます。再発のリスクも少なくて、一度で取り除きたいと思っているのならおすすめの方法です。
しかし、デメリットもあります。それは、術後に痛みや出血が起こる、傷跡が残る可能性があることです。そのため、術後はしっかりとケアを行なう必要があります。傷跡が気になる場合は、レーザー治療を用いて行なうことがおすすめです。目立ちやすい部分のいぼはレーザーで行ない、目立ちにくい部分のいぼは切除手術するというようにすれば、レーザーだと傷跡がほとんど残らないので気にしないようにできます。それに、傷跡に関しても医師の指示通りケアしておけば切除手術の傷は、気にならない程度にすることができます。カウンセリングで医師にデメリット部分について相談し、最適な方法でいぼを除去できるようにしましょう。

To Top